ブレゲの偽造品対策

ブレゲの時計は創立当初より卓越した技術が人気を呼び、多くの商品が販売されたのと同時に、多くの偽造品も作られました。

ブレゲの時計を所有するということは、何時の時代も多くの人々の憧れ・ステータスであり、多くの模造品が製造・販売されたのも仕方のないことと言えるでしょう。
しかしながら、最深の注意と技術、そしてプライドを持ってして時計作りを行なっている、ブレゲの職人にとっては、偽造品が製造・販売されるのは大きな問題でした。
そのため、偽造品に対する対応策も、ブレゲでは古くから行われているのです。

例えば、製品の一つ一つに付けられている個別番号は、ブレゲによって、大変大厳格に管理されていることはよく知られています。
転売先が登録さえされていれば、それこそ一つの時計で数世紀分の所有者を追跡することも可能です。

また、シークレットサインも偽造品を防ぐ上で大切な技術の一つです。
鋭いノミによって文字盤に小さくブレゲのサインが刻み込まれており、このサインは一見しただけでは見つけにくいですが、斜めにして光にかざすなどすると、ようやく判読できるくらいの微細な刻みサインになります。

現在も尚、多くのブレゲの時計において、シークレットサインが刻まれています。