ブレゲの芸術的技術

ブレゲの創始者アブラアン・ルイ・ブレゲは、永久カレンダー、ミニッツリピーター、トゥールビヨン機構など、様々な技術的革新を時計にもたらし、「時計の歴史を200年進めた男」と言われるほどで、現代の時計技術にブレゲが与えた影響は数えきれません。

しかしながら、ブレゲが時計技術に与えた革新は、何も機械技術においてのみではありません。
時計の持つ宝飾品敵側面に於いても、様々な装飾技術の革新をもたらしました。

例えば「ギヨシェ文字盤」。
盤面のシルバーやゴールドに規則的にパターンを彫り込むこの技術、精巧で緻密な手彫による立体的な模様は、まさにプレゲを代表する意匠でしょう。
現在でも多くの高級時計に用いられている特殊技術の一つです。

他にも、針の先端から少し下の辺りに丸い装飾をした「ブレゲ針」も、現代では多くの時計に用いられている意匠です。
ブレゲ針のエレガントなルックスは、デザインが素晴らしいだけではなく、文字盤を読み取りやすくする効果もあるのが特徴です。

このように、ブレゲは時計に技術的革新をもたらしただけではなく、芸術的な飛躍をも与えた、まさに天才的時計職人と言って良いでしょう。
現代もなお、ブレゲの時計が人気を集めるのには当然の理由があるのです。